トップ>新着情報


   

 

 信州紅酔豚についての対談記事が掲載されました。

 

「ヴィラデスト ワインクラブ クラブレポ」(発行:ヴィラデストガーデンファーム アンド ワイナリー <長野県東御市>)の第28号に、「ヴィラデストカフェの料理と食材」として、信州紅酔豚がとりあげられました。

上信越自動車道「東部湯の丸I.C」で降りてから更に10分ほど進んだ山の中腹にあるワイナリー(http://www.villadest.com/)。
このワイナリーに併設されたカフェ「Villa d'Est Cafe」で、ランチコースの一番人気を誇るのが「信州紅酔豚の炭火焼き」だということで、ワイナリーオーナーの玉村豊男さんが、紅酔豚の生産地である中野市の養豚場を訪れました。

当組合の代表理事(高野保雄)と神農素・湯本彦孜さんにより、紅酔豚のおいしさの秘密である飼料・酵母の説明などが行われ、信州紅酔豚という新ブランドを対談形式で紹介しています。