トップ>新着情報


   

 

 信州中野産酵母豚を使った新メニュー創作のための評価会を開催しました。

 

3月19日(木)18時より、ホテル信濃路にて信州中野産酵母豚を使った新メニュー創作のための評価会が開催されました。
信州eループ事業協同組合の事業もスタートして1年を経過し、高品質かつ安定した食材として供給することができるようになりました。そこで、信州中野産酵母豚のブランド周知と、信州の新たな郷土料理として評価をいただくということが、今回の開催目的でした。

 

評価会には、長野県庁農政部、長野県農業総合試験場、長野県中小企業団体中央会など、多くの関係者が参加し、「地酒をくぐらせて味わう酵母豚しゃぶ」「酵母豚のそば皮包み」「酵母豚の角煮」など、新作・創作料理を味わっていただきました。

また、講師として、料理研究家・横山タカ子さんをお招きし、専門家の視点から酵母豚と料理の可能性を語っていただき、参加者は熱心に聞き入っていました。併せて、地元特産物の利活用の促進、酵母豚のおいしい料理方法等について意見交換も行われました。

地元テレビ局やマスコミも取材に訪れ、長野県内に報道されました。